保存治療

はやし歯科医院の診療方針

はやし歯科医院の診療方針

いつでも「自分が受けたい」と思える治療を

医師のひとりひとりが、「自分が受けたい治療」をする。
それをモットーに、今まで習得した保存治療を主体とした治療を実践することが、はやし歯科医院の治療方針です。

大学病院のシステムを取り入れ、治療にはひとりの患者様にひとりの医師が最後まで担当しています。
デジタルX線による診療説明や強い薬剤を使わず、数回に分けてレーザーを照射することで歯茎の黒ずみ(メラニン)を取る、患者様に優しいレーザー治療、インプラントも行っています。

また、患者様の個人情報などもしっかり管理しておりますので、歯に関することのお悩みなどもお気軽に、はやし歯科スタッフにご相談ください。

保存治療とは

はやし歯科医院の診療方針

保存治療-それは歯を残すための治療です

一言で表すと歯を残す治療です。

学問的には、保存修復学、歯内療法学、歯周病学の3つに大別されますが、学問の統合により、最近はやや変化しているようです。

私は歯科保存学で歯内療法学を修め、その学会(日本歯科保存学会)にて専門医の資格を受けております。

歯内療法学とは、歯の神経を残す、虫歯で神経まで達した歯の神経を取る、神経を取った歯の再治療などを主として行います。

最近まで保険適用だった神経を取って変色した歯の漂白なども行います。

他にも・・・

はやし歯科医院では、一般歯科・小児歯科・審美歯科・口腔内治療などその他、歯のお掃除や定期健診なども行っております。「虫歯じゃないと思うけど、歯のことが心配・・・」などでもお気軽にお越しください。